けーけーのブログ

iPhoneとその周辺について書きます。ゲームと漫画が好きです。そんな人のブログです。

iCloudバックアップって?方法できないときの対処法

みなさんご機嫌いかがでしょうか。

自分はぼちぼちです。

 

今回はiCloudバックアップの方法と、できないときの対処法についてお話ししようと思います。

 

目次はこちら。

です。

ではよろしくお願いいたします。

 

iTunesiCloudバックアップの違い

バックアップをとる方法として基本的には2つあります。

それがiTunesバックアップiCloudバックアップです。

iTunesバックアップについては前回記事にまとめています。

 www.kkchannel.com

 iTunesがPCを必要としているのに対し、iCloudWi-Fiがあればバックアップをとれるため、PCをもっていなくてもできる手軽なものとなっています。

 

iCloudでバックアップをとるメリット

「PCがなくてもいい」ということも含め以下のメリットがあります。

 

Wi-Fiがあったらどこでもバックアップが取れる

自分の家のWi-Fiはもちろん、近くのコンビニ、カフェ、家電量販店、携帯ショップ・・・このご時世、Wi-Fiはいたるところにとんでいます。

場所が限定されないのは大きなメリットであると思います。

※ただし、周囲の人も使っている可能性がおおきいので、接続の安定性は保証されません。またフリーWi-Fiはセキュリティ面でも不安です。その危険性を承知の上でご利用ください。

 

自動でとってくれるので緊急事態が起こっても安心

iTunesはPCにつながないといけないので手間がかかりますが、iCloudはある条件下で自動的にバックアップをとってくれます。

その条件が、「Wi-Fiに接続していて、充電されていて、画面ロックされている状態」であることです。

例えば、寝ているときや、iPhoneを触ってない時です。

家にWi-Fiがあれば毎晩バックアップをとっておいてくれるので、外出中に落として故障したり、急に電源がつかなくなったりしても新しいiPhoneにデータを移行できるのです。

 

保存先はPCではなくネット上で暗号化されたサーバー

iTunes経由でPCにバックアップをとっておいたから安心!と思っていたら、ある日突然PCが壊れてしまった!失くしてしまった!なんてこともあったりします。カバンの中にiPhoneとPC入れたまま紛失・・・となればデータは永遠に戻ってきません。

iCloudであれば、ネット上のサーバーに保存しておけます。セキュリティ面でも、iCloudのバックアップは自動的にすべて暗号化されるので安心です。

 

iCloudバックアップのちょっと・・・な点

ここまでご覧になった皆様の中には「あれ?iTunesよりiCloudの方が断然いいじゃん」となっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、iCloudには人にっては「むむむ・・・」な点があるのです。

 

iCloudの無料ストレージは5GBしかない

中には写真をいっぱいとったり、icloudメールメインでやり取りしたり、アプリをいっぱいダウンロードしている方もいると思います。

それだと、5GBなんてすぐに埋まってしまいます。

そして、ストレージを大きくするためには月額料金がかかります。

50GBは130円、200GBは400円、2TBは1300円といった具合です。

あまりお金をかけたくないという方はちょっと手が伸びにくいものではありますね。

 

iCloudでとれるデータの種類はiTunesよりちょっぴり少ない

iCloudでとれないデータの種類はこんな感じです。

  • iCloudに同期された写真、連絡先、メッセージ
  • ・メールアカウント
  • Apple Payの情報
  • ・Face IDやTouch IDの設定
  • App StoreiTunes Storeで購入・ダウンロードした音楽やアプリの課金データ

特に違うのはメールアカウントです。iTunesではキャリア以外のメールアカウントも保存できましたが、iCloudはすべてのアカウントが保存されません。

 

バックアップをとってみよう

それでもやはりiCloudバックアップは手軽さで優る部分があるので利用したい、という方も多いかと思います。

ここからはバックアップの方法についてお話しします。

設定>ユーザー名>iCloud>バックアップ>今すぐバックアップの下を見てみてください。

ここが時間だけ載っている、昨日今日の日付が載っている場合はちゃんと自動でバックアップが取れています。

もしとれていなければ、「今すぐバックアップ」を押してください。

f:id:kaidoooooog:20190911212430p:plain

 

バックアップが取れない場合

iCloudストレージが不足しています」と表示される場合

iCloudストレージをアップグレードする

設定>ユーザー名>iCloud>ストレージを管理>アップグレード>好きなプランを選ぶ>右上の「購入」を押す

f:id:kaidoooooog:20190911212436p:plain

好きなプランが選べます

 

バックアップのサイズを小さくする

設定>ユーザー名>iCloud>ストレージを管理>バックアップ>「このiPhone」>バックアップのサイズ+次回作成時のサイズが次バックアップを取った時のサイズになります。各ページのいらない項目をオフにすることで、サイズを小さくしてストレージ内に収まるようにしてください

f:id:kaidoooooog:20190911212434p:plain

 

いらないデータを消す

バックアップ以外のiCloudに保存されているデータを消すことでもストレージの節約はできます。同期されている不要な写真、メール、メッセージなどを消しましょう。

 

「前回のバックアップが完成しなかった」と表示される場合

iOSをアップデートする

設定>一般>ソフトウェア・アップデートからアップデートできます。

 

違う場所のWi-Fiを使ってみる

iPhoneというより使っているネット環境が原因かもしれないので、家のWi-Fiでできないときは、違うWi-Fiを使ってください。

 

これで解決しないときはiTunesバックアップに切り替えるか、Appleサポートに電話して下さい→0120-277-535

 

さいごに

とても手軽に簡単にできるiCloudバックアップ。自動できっちりとってくれるようになればとても安心感がありますね。

この記事が助けになれば幸いです。

ではでは。

スポンサーリンク

プライバシーポリシー